中村宏

NAKAMURA Hiroshi


1932年静岡県生まれ。1951年日本大学芸術学部美術学科入学。1950年代よりルポルタージュ絵画で注目を集める。モンタージュ絵画、観光芸術、タブロオ機械など、独自の方法論による作品を展開。戦後日本の世相や社会状況を鋭く映し出した制作活動は高く評価されている。黄色と黒のストライプや記号、線、ダイヤグラムを組み込み図鑑的要素を盛り込んだ作品を展開。装丁やデザインなどグラフィックの仕事も多数手がける。2007年「中村宏|図画事件1953-2007」(東京都現代美術館、名古屋市美術館)。2010年「タブロオ・マシン〔図画機械〕-中村宏の絵画と模型」(練馬区立美術館)。

中村宏
《4分の1について》
アクリル、キャンバス
65.2×53.0cm 3点組
2020年
《三点消失・2》
アクリル、キャンバス
80.3×116.7cm
2013年
《望遠鏡列車》
リトグラフ
38×47cm
1975年
《聖少女》
亜鉛凸版、紙
37.5×27.8cm
1974年
《樹下美人》
水彩、紙
33.3×24.5cm
1978年

中村宏 4分の1について」(2020)
中村宏 質感と角度」(2018)
中村宏 1960-80年代」(2015)
消失点・中村宏」(2013)
一点消失・中村宏」(2011)
自画像★2012 -9人の美術家による新作自画像と小品展-」(2012)
前衛★R70展 -70歳未満出品不可・完全最新作-」(2010)
Square展[30×30cmの正方形展]」(2014~2022)