画廊からの発言 
新世代への視点 2020

小野木亜美

Ami Onogi
2020年7月27日(月)−8月8日(土) 日曜休廊

主催: 東京現代美術画廊会議  
参加画廊: 藍画廊 / ギャラリーQ / ギャラリー58 / ギャラリーなつか / ギャラリイK / ギャルリー東京ユマニテ / コバヤシ画廊 / GALERIE SOL

「新世代への視点 2020」は、8画廊の共同開催による、各画廊が推薦する40歳以下の作家の個展を、各会場で開催する展覧会です。1993年に始まり、今回で21回目を迎えます。

《cells soda》アクリル、カラーインク、和紙 162×97cm
《ells soda》アクリル、カラーインク、和紙 162×97cm

作家コメント
人間は生まれてから死へと向かう間、繰り返される時間を経験するが、それは毎日まったく同じ時間ではない。
同じようで異なる時間を経験し、それらが身体に溜め込まれていく。
私は身体に流れるそうした時間を見つづけてみたい。
和紙によって自由に流れる無数の絵の具の滲みを細胞に見立て、形を浮き上がらせている。

プロフィール
1992年 福島県生まれ
2015年 東北芸術工科大学芸術学部美術科 洋画コース卒業
2017年 東北芸術工科大学大学院芸術工学研究科芸術文化専攻洋画領域修了
現  在 東北芸術工科大学大学院芸術工学研究科博士後期課程芸術工学専攻芸術文化研究領域在籍

[個展]
2016年 「Babble-小野木亜美展」GALLERY b.TOKYO(東京)
2019年 ギャラリー58(東京)

[グループ展]
2014年 「天童アートロードプロジェクト てんてん展-えがく・ほる・つむぐ・日々をたがやす人たち-」天童市美術館(山形)以後毎年
2015年 「東北芸術工科大学青山研究室公開制作展示」西会津国際芸術村(福島)
2016年 「Flora in the Gallery」ギャラリイK(東京)
2016年 「公益財団法人佐藤国際文化育英財団第25回奨学生美術展」藤美術館(東京)
2016年 「ギャラリイは花でいっぱい」 ギャラリイK(東京)
2017年 「風はなにいろですか Part1」ギャラリイK(東京)
2017年 「ことの葉と空と」ギャラリイK(東京)
2017年 「6SSF-Six Senses Festa-」SPACE K(東京)
2017年 「東北芸術工科大学 2017 うごめく東北の鼓動 小野木亜美|高山晴香展」ギャラリー58(東京)
2017年 「たいせつなもの展-いちご-」靖山画廊(東京)
2018年 「Square展」ギャラリー58(東京)
2018年 「風はなにいろですか」ギャラリイK(東京)
2018年 「東北芸術工科大学/TOHOKU CALLING/スモールワークス」オリエアートギャラリー(東京)
2018年 「東北芸術工科大学/大学院レビュー/TOHOKU CALLING」アーツ千代田3331(東京)
2019年 「東北芸術工科大学 TOHOKU CALLING」佐藤美術館(東京)
2019年 「大江町誕生60週年博覧会 Oe EXPO」大江町町民ふれあい会館(山形)

[その他]
2015年 「東北芸術工科大学洋画コース卒業作品展」一般美術賞受賞


2019年の個展
2017年の2人展