篠原有司男

SHINOHARA Ushio


1932年東京都生まれ。1952年東京藝術大学美術学部油絵科入学。1960年ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズのメンバーとして活動。1969年よりNYに 拠点を移す。2005年「篠原有司男 ボクシング・ペインティングとオートバイ彫刻」(神奈川県立近代美術館 鎌倉)。2007年「ギュウとチュウ-篠原有司男と榎忠」(豊田市美術館)。2012-13年「TOKYO 1955-1970」(ニューヨーク近代美術館)。映画「キューティー&ボクサー」で2014年度アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート。2017年「篠原有司男展 ギュウちゃん、”前衛の道”爆走60年」(刈谷市美術館)。

《パリだぜ!牛ちゃん-親友、木下新に捧げる》
アクリル、キャンバス
183×435cm
2020年
《寺田屋の斬り合い》
アクリル、キャンバス
180×280cm
2014年
《ボクシング・ペインター》
アクリル、キャンバス
125×146cm 
2012年
《ダビデを彫るミケランジェロ》
アクリル、紙
30×30cm
2016年
映画「キューティー&ボクサー」ポスター
43.0×27.8cm
2013年
篠原有司男・篠原乃り子

ネオ・ダダの痕跡」(2020)
ネオ・ダダ 新作展 2013-2014」(2014)
自画像★2012 -9人の美術家による新作自画像と小品展-」(2012)
Square展[30×30cmの正方形展]」(2015~2022)