大野洋平・長峰麻貴 二人展

2021年8月30日(月)−9月4日(土)


大野洋平 Yohei Ohno

《Violin Shoes Ⅲ》 革靴、ヴァイオリン、真鍮 60×80×15cm
Photo by Ishikawa Michiko

作家コメント
静かにそこに在るということ。
もの言わぬものたちにそっと耳を傾け、発する声を聴いてみたい。
きっと、すいこんだ時間の分だけ、博識なものたちなのだろう。

プロフィール
1988年 京都府生まれ
2010年 武蔵野美術大学造形学部空間演出デザイン学科卒業

[個展]
2012年 「異種交配されたモノたちの記録」新宿花園ゴールデン街 nague(東京)
2016年 「CYCLE」ギャラリー58(東京)
2017年 「instrument -器具のみる夢-」ギャラリー58(東京)
2018年 「instrument Ⅱ」ギャラリー58(東京)

[グループ展他]
2010年 「rooms21 扉の向こう側」国立代々木競技場第一体育館(東京)
2011年 「energy ムサビ助手展」武蔵野美術大学美術館・図書館(東京)
2012年 「SICF13」SPIRAL(東京)
2012年 「助手展 2012武蔵野美術大学助手研究発表」武蔵野美術大学美術館・図書館(東京)
2013年 「SICF13」SPIRAL(東京)
2013年 「助手展 2013」武蔵野美術大学美術館・図書館(東京)
2014年 「SABOTEN」KIAN art galelry (東京)
2014年 「助手展 2014」武蔵野美術大学美術館・図書館(東京)
2015年 「丘の上APT 野見の市 2015 SUMMER」丘の上APT/兒嶋画廊(東京)
2016年 「hommage 泉鏡花 化鳥展」丘の上APT/兒島画廊(東京)
2016~21年 「Square展」ギャラリー58(東京)
2016年 「丘の上APT 野見の市 2016 SUMMER」丘の上APT/兒嶋画廊(東京)
2017年 「21世紀美術連立 NAU展」国立新美術館(東京)
2019年 「TAGBOAT Award Selected Exhibition」Shun Art Gallery(中国・上海)

[受賞暦]
2012年 「SICF13」 オーディエンス賞 SPIRAL(東京)
2019年 「TAGBOAT Award Selected Exhibition」特別賞 Shun Art Gallery(中国・上海)


2018年の個展
2017年の個展
2016年の個展



長峰 麻貴 Maki Nagamine

《ズレとゆらぎと重なりとその隙間に一瞬はいる》
羽根、ムーブメント、ミラー、木 30×30×3cm

作家コメント
時計の針をバラバラにしてみる
べつべつに配置してみる
これは何なのだろう?
そこには過去と未来と今がある
作品というものは、ものを通して別の時間と空間を
共有することであるのかもしれない。

プロフィール
1975年 東京都生まれ 福岡育ち
2000年 武蔵野美術大学大学院空間演出デザイン学科修了
2004年 劇団四季演出部退団

[舞台美術]
2008年〜「CLUB JAZZ 屏風」(巻上公一  プロデュース)
2010年 「新羅生門」(横内謙介 演出)
2010年 「星の王子さま」(ペーター・ゲスナー 演出)
2014年 「メンドゥルサッコンの渦巻」(巻上公一 演出)
2017年 「遠くから見ていたのに見えない。」(白神ももこ 演出)
2020年 「KYODEN’S WOMAN」(長塚圭史 演出)
2020年 「海辺の兎に角」(巻上公一 演出・町田康 脚本)

[個展]
2004年 「飛んだパン職人の話」ギャラリー58(銀座)
2005年 「ジョバンニが丘の上から見た色は何色」共同アトリエ・3号倉庫(福岡)
2012年 「髭とオレンジ」ギャラリー58(銀座)
2013年 「月とりんごとつきまつげ」ギャラリー58(銀座)

[受賞暦]
2009年 日本ディスプレイ協会ディスプレイデザイン賞入選
2016年 第43回伊藤熹朔賞新人賞受賞
2019年 第46回伊藤熹朔賞奨励賞受賞


2013年の個展
2012年の個展
2005年の個展