荒瀬哲也

ARASE Tetsuya
2009年8月31日(月)−9月5日(土)

左《Untitled #1~4》鏡、液晶モニタ、映像受信機、*Untitled #4のみDVD   各28×28×4.5cm 
正面奥《Gallery-58》ヴィデオプロジェクタ、ヴィデオ・オート・スイッチャー サイズ可変
正面前《Delusion of Reference》ダミー監視カメラ 各14×14×14cm
右《Telescreen》鏡、ワイヤレス・ヴィデオカメラ、樹脂、塩ビ板、ベニヤ板 182×273×4.5cm

作家コメント
私は人の目の移ろいについて屡々考察している。
私たちは何かしらと他者と関係をはかろうとする。現代におけるコミュニケーションのツールは目紛しく変化してゆき、私たちはいったい何によって繋がれているのだろうか。実体として、あるいは音声だけで、文字情報のみで、或は暗号化されたデータで、そして時には映像によって。時代とともに相互の関係は複雑さを増してゆく。一旦、装置を介して他者と関係を持つことが当たり前となり、それはいずれ、人間さえも関与しなくなる事態が起こり得ることを暗示させる。
様々な履歴から行動を捕捉することが可能な時代において、どこまでを容認し、許容しないかという境界は、寧ろ権力により統括されている。その先に見えるものは―――。

プロフィール
1981年 福岡県生まれ
2004年 広島市立大学 芸術学部 空間造形専攻卒業
2004-05年 ハノーバー専科大学 Bildende Kunst(ドイツ)交換留学
2006年 広島市立大学大学院 芸術学研究科 博士前期課程修了
2008年- 共同アトリエ・3号倉庫(福岡)7期メンバーとして活動

[個展]
2003年 Gallery P2(広島)
2005年 いづゝや(広島)
2008年 共同アトリエ・3号倉庫 Studio & Exhibition Space(福岡)

[グループ展]
2004年 「アートプロジェクト“SPECTRO”」賀茂鶴酒造吉富蔵(広島)
2005年 「Ausstellung “GEISHA”」Stiftung Horizonte, Kunst & Kultur im Tschechischen Pavillon(ハノーバー、ドイツ)
2008年 「広島アートプロジェクト2008 “汽水域” 旧中2特別企画展示 -ilha grande/愛-」 旧日本銀行広島支店(広島)
2009年 「ブース・エキシビジョン2009」 共同アトリエ・3号倉庫(福岡)


《Untitled #1》鏡、液晶モニタ、映像受信機 28×28×4.5cm 

作家HP